GB19940919’s diary

GB20th(https://twitter.com/GB19940919)の映画感想雑記です

『プロミシング・ヤング・ウーマン』

大変意義のある作品だと思うがラストが好きじゃない...

 

f:id:GB19940919:20210723145353j:plain

 

『プロミシング・ヤング・ウーマン』(Promising Young Woman)

 

Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing Eve」では製作総指揮や脚本を担当するなど、俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フェネルが、自身のオリジナル脚本でメガホンをとった長編映画監督デビュー作。ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシー。実はとてつもなく切れ者でクレバーな彼女には、周囲の知らないもうひとつの顔があり、夜ごと外出する謎めいた行動の裏には、ある目的があった。明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公キャシーが、ある不可解な事件によって約束された未来をふいに奪われたことから、復讐を企てる姿を描く。主人公キャシーを「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが演じ、「スキャンダル」「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」や「スーサイド・スクワッド」で知られる女優マーゴット・ロビーが製作を務めている。2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

 

 復讐劇とラブロマンスを同時並行に進む練られた脚本は凄いと思う。キャシーの復讐は単なる男だけでなく、沈黙を強制した女性たちにも向くあたりはかなり辛辣な作品だと思うし、レイプ・カルチャーそのものに対して告発している画期的な作品で。画期的過ぎて議論を巻き起こしたらしいが、なんとなくその理由は分かる。監督もおそらくわざと論争を巻き起こすように作ってある。

 

 この作品はレイプ・カルチャーを告発する内容だが、実はこの作品自体がレイプ・カルチャーを象徴した作品にもなっていると思う。まずキャシーは大親友のニーナに起こった事件が原因で復讐をするのだが、まずそれが自分の愛する人に起こったからこそレイプそのものに怒って、自分の愛する人以外のレイプには無関心というレイプ・カルチャーの象徴である一面をキャシー自身が体現してしまっているところだ。またキャシーの復讐方法が少し自傷的な行為に見える。これはあんまり良くない気がするが、おそらくこれも監督の論争を巻き起こそうとする設定の一つなのだと思う。まあそれでもキャシーが死ぬラストは好きじゃない...

 

『ジャングル・クルーズ』

リリーのキャラクターがフランクに頼りすぎている...

 

f:id:GB19940919:20210730005322j:plain

『ジャングル・クルーズ』(Jungle Crulse)

 

アマゾンのジャングルの奥深くに「“奇跡の花”を手にした者は永遠の命を手にする」という不老不死の伝説があった。行動力と研究心を兼ね備えた植物博士のリリーは、この秘密の花を求めて危険に満ちたアマゾンへ旅立つ。リリーが旅の相棒に選んだのは、現地を知り尽くしたクルーズツアーの船長フランク。ジャングルに生息する珍しい動物やスリルあふれる先住民の村、滝の裏側など名所の数々を、時にジョークを交えながら観光客相手にガイドしているフランクだったが、彼にもまた、奇跡の花を求める、ある理由があった。「伝説に近づく者は呪われる」と言われる、アマゾン奥地の「クリスタルの涙」を目指してジャングルを進むリリーたち。そこで彼らは恐るべき真実を知り、奇跡の花をめぐる争奪戦に巻き込まれる。フランク役に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、リリー役に「メリー・ポピンズ リターンズ」「イントゥ・ザ・ウッズ」のエミリー・ブラント。監督は「トレイン・ミッション」「フライト・ゲーム」のジャウム・コレット=セラ。

 

 まあこの時代に白人の英国人がアマゾンを冒険するっていう話を作ること自体ナンセンスな気がするが、まあそれは置いといてもやはりCGの技術は凄いと思う。また主人公にエミリー・ブラントドウェイン・ジョンソンを配役するのも大正解だ。

 

 しかし、監督or脚本がこの二人の役者にしり込みしすぎてしまったのか良くわかないが、リリーとフランクの恋愛描写は必要ないと思う。恋愛がらみのせいで、リリーの探求心が恋愛に絡み取られ、リリーがフランクと協力するのも恋愛のせいだと思ってしまうキャラクター描写になってしまっている。2021年のディズニー映画でこんな王道ヘテロセクシャルラブロマンスを見せられるとは思っても見なかった。しかもリリーの弟のマクレガーは明らかにゲイなんだけど、彼のロマンス描写はなく、余計にリリーとフランクの恋愛描写が邪悪に見える。

 

『17歳の瞳に映る世界』

一度も、めったに、時々、いつも....

 

f:id:GB19940919:20210723142622j:plain

 

『17歳の瞳に映る世界』(Never Rarely Smetimes Always)

 

新鋭女性監督エリザ・ヒットマンが少女たちの勇敢な旅路を描き、第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞審査員グランプリ)受賞したドラマ。友達も少なく、目立たない17歳の高校生のオータムは、ある日妊娠していたことを知る。彼女の住むペンシルベニアでは未成年者は両親の同意がなければ中絶手術を受けることができない。同じスーパーでアルバイトをしている親友でもある従妹のスカイラーは、オータムの異変に気付き、金を工面して、ふたりで中絶に両親の同意が必要ないニューヨークに向かう。性的アイデンティティに悩む青年を描いた「ブルックリンの片隅で」で2017年サンダンス映画祭監督賞を受賞し、一躍注目を集めたエリザ・ヒットマンの長編3作目。「ムーンライト」のバリー・ジェンキンスが製作総指揮に名を連ねる。

 

 伝統的なロードムービーの系譜を踏んでいる本作だが、まず女性監督で主演二人が女性。そして製作人のほとんどが女性である。全体的に大変セリフが少なく、暗いトーンの映画であるが、よく出来た映画である。

 

 まず十代の女性二人の友情に焦点が当たった映画は沢山あるが、本作の二人は親友であるが、実は親戚でもある。ふつうこういう映画の女性二人は親戚ではなく友達であること設定が多いのだが、本作は親戚という設定でこれは田舎の友人関係でけっこうあるのではないか?

 

 そしてスカイラーとオータムはお金が無いという設定なのも珍しい。というのも最近観た『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』の主演二人はお金持ちだったからだ。スカイラーとオータムはこれだけでもかなり酷な世界を生きているの分かる設定だ。またオータムはいわゆる静かな性格で、親に迷惑をかけたくないと思っているみたいで、自分が妊娠し中絶したいことを話せないでいる。(そもそも妊娠したのを話す勇気はとんでもないことで、親とどのような関係を築けていても簡単に話せることじゃない)

 

 そして意を決してオータムはセクハラ野郎のいるバイト先から金を奪ったスカイラーとニューヨークへ旅立つ。ニューヨークへ行くのも高速バスというのもこのスカイラーとオータムの行く末を表現している。そしてやっとニューヨークへきても、全くニューヨーク感がなく大変地味なところで二人は過ごしていたり、二人がいかにキラキラした世界とは無縁であるかをニューヨークの街並みが表現している。

 

 やっとの思いで中絶手術をするのだが、そこのクリニックの女性たちがとても優しく無条件でオータムを受け入れる。そこで表題の『Never Rarely Sometimes Always』が分かるシーンが出てきた、おそらく本作でオータムが一番感情を爆発させるシーンである。そもそもオータムはスカイラーにもあまり感情を見せるタイプではない。そんなオータムがクリニックの職員にみせる涙はとても重いのだ。せめてその涙を受け止めて、手を繋いでくれる大人に私たちはならないといけない。

 

『ライトハウス』

ホラーなんだけど笑える

 

f:id:GB19940919:20210723021357j:plain

 

ライトハウス』(The Lighthouse)

 

1890年代、ニューイングランドの孤島。4週間にわたり灯台と島の管理をおこなうため、2人の灯台守が島にやってきた。ベテランのトーマス・ウェイクと未経験の若者イーフレイム・ウィンズローは、初日からそりが合わずに衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、島を襲った嵐により、2人は島に閉じ込められてしまう。

 

 海の神話と孤島がモチーフになっていたり、少しフォークホラーっぽく、そして何よりあの信頼できるスタジオA24が製作していることから『ミッドサマー』を彷彿させるが、『ライトハウス』のほうが変態っぽい(褒めている)。まあ正直『ミッドサマー』のほうがテーマ的にずっと好きだが、個人的には映画全編でモノクロで撮られた本作のアート性の高さや複数のモチーフやテーマが入り込んだ力作の『ライトハウス』も好きだ。

 

 孤島という閉ざされた場所で人間が凶器に走るというのはどうしても『シャイニング』を思い起こされるし、劇中でウィレム・デフォー演じるトーマスがロバート・パティンソン演じるウィンズローを斧で襲うシーンがあって、おそらく公式で『シャイニング』から影響を受けているのだと思う。

 

 色々目をつけるところはあるし、複数のモチーフ(灯台は男性器のメタファーで本作は性的妄想が一種のテーマ)やテーマ(水が飲めないのでどうしてもアルコールに依存する、アルコールへの依存は多くのホラー映画永遠のテーマだ)が入り込んだホラーなので人によって目の付け所が違うと思う。私は本作がホラーというよりかは笑えるコメディ要素が強い作品だと思う。まずトーマスとウィンズローの会話が面白い。老人と若者のかみ合わない会話とか、老人が一方的に面白いと思っている会話や金言をしょうがなく若者が聞いているさまとか、これってコメディなのかと思ってしまうくらいだ。

 

 

 

『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』

政治性とユーモアを絶対に忘れない

 

f:id:GB19940919:20210715143451j:plain

 

『シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち』

 

ゲイのアマチュア水球チームの奮闘を、実在するチームをモデルに描いたフランス発のスポーツコメディ。元オリンピック銀メダリストの水泳選手マチアスは、同性愛者に対する心ない発言への罰として、ゲイのアマチュア水球チーム「シャイニー・シュリンプス」のコーチに就任する。マチアスに課されたミッションは、弱小チームの彼らを3カ月後に開催される世界最大のLBGTQ+五輪「ゲイゲームズ」に出場させること。パーティ好きで勝ち負けにこだわらない個性的なメンバーたちをまとめあげるべく、悪戦苦闘するマチアスだったが……。モデルとなった水球チームのメンバーであるセドリック・ル・ギャロが監督・脚本を手がけた。

 

 

 本作のモデルになった人々が脚本と監督を手掛けているだけあった、水球のシーンもゲイたちのユーモアやセリフ遊びなど大変よくできている。色々な背景を持ったゲイのチームメイトが登場して、例えば年齢が上のジョエルがトランスジエンダーの加入に反対するも最後は自分の偏見と向き合ったり(おまえけにハンサムなデンマークのゲイと恋に落ちる良い設定)、子持ちだけどパートナーに黙って水球をやるもやっぱり最後はパートナーと子どものために水球の試合をあきらめるセドリックを最後はみんな受け入れてあげるシャイニー・シュリンプスの絆などの描写は大変すばらしい。

 

 あと個人的に当事者が作っているだけあって、ゲイゲームズの夜に行われたパーティーのシーンは大変せめていると思う。ああいうのはアメリカのLGBTQ映画にはあまり出てこない。

 

 水球と一応LGBTQのオリンピックと呼ばれているものに情熱を傾けて真面目に取り組んだけど、ラストの葬儀はそんなもん吹き飛ばして自分たちのユーモアとLGBTQの歴史と政治性に敬意を表した終わり方は素晴らしい。シャイニー・シュリンプスに感化されてコーチのマティアスも常識と真面目を吹き飛ばして世界水泳の推薦枠を蹴るのも大変すばらしい。

 

 あと最後に不満を2つ。レズビアンの描かれ方が微妙だった。まあ最後の葬儀のシーンで取り返した感hああるけど、あんなにレズビアンを敵視しなくてもいいじゃん。ゲイ活動の歴史に目を向けてるのなら、レズビアンの歴史にも目を向けてよ。そして字幕の女言葉である。もちろんさ、女性性が顕著なゲイだってもちろんいるけど、それって日本の所謂ステレオタイプを当てはめて女性言葉を字幕にしてしまっているだけだから、あんまし良くないのでは?特に最近の映画は女性の登場人物にも過度な女性言葉は当てはめないで翻訳するのが主流なので余計に気になった。

 

『ブラック・ウィドウ』

感想を簡単に箇条書き

・とりあえず公開できて良かったね

 

・『エンド・ゲーム』で貧乏くじを引かされたナターシャ、本当に彼女はアベンジャーズの中で貧乏くじを引かされている。まずやっと念願のソロ作品なのにディズニー+やコロナの影響で公開範囲が激減。そして何よりナターシャがどうせ死んでしまうんだというのを知っていて観る本作。こんな悲しいことある?しかも本作中でナターシャは支配された女性たちを解放していくんだ。そして自分も妹と再会することで自分自身を解放する。そして何よりあのユーモア。最高だったじゃん。本当にルッソ兄弟野郎め...

『コジラ VS コング』

感想を簡単に箇条書き

・このコロナ禍において大変景気が良い映画である

 

・しかし宇宙SF色が強かったり、平気で陰謀論を肯定する映画になってしまい正直微妙である。特にコロナで陰謀論が流行し、アジア系住民へのヘイトクライムが増加している中で、アジアで育ったコングとゴジラが戦いあうのは見ていてつらい。人間嫌い...

 

・あと日本人役の藍沢さん(めちゃくちゃ名前がアニメっぽい)が超微妙な役柄で、しかも変な死に方をしてしまって...もう